屋根葺き替え工事 〜 リフォーム 大和市 H様邸 〜

おはようございますッ 😛

今回は大和市のH様邸より、屋根の葺き替え工事の様子をお届け致します!!

さっそくですがコチラが施工前の状態★

こちらの屋根は【セメント瓦】という物で、戦後もっとも多く使用されていた屋根材です。

材質は文字通りセメント。 長所としては、価格が安い・瓦のズレや剥がれが起きにくい・分厚いため防音・断熱性が高い。などですが、逆に短所はというと、1坪あたり140キロととても重いため建物にかかる負担が大きい・色あせが早い・表面の塗膜が剥がれると雨水を吸ってしまいさらに重くなり雨漏りしやすくなる。等あります。

こちらのお宅ではすでに表面の塗膜は剥がれ、雨水を吸ってしまっている状態だった上、セメント瓦の対応年数(20年)を10年以上過ぎているので、時期的には遅いくらいだったのかもしれません 🙁

さて!!工事開始です!!

まずは瓦をおろしていきます。これがまた重いのなんのって。。翌日腰痛必須です。笑

えいさほいさで瓦をすべておろし終わりました!

下地があらわになりました!

そこで下地をよぉ〜〜〜く見てみると・・・・

😯   😯   😯

だいぶやられていました。。下地さん、30年間お疲れ様でした 🙁

では!下地から新品にしていきますよ!!

どどん!!

新しくなった下地に、さらに防水シートを貼り、新しい屋根材を葺いていきます。

今回使った屋根材はコチラ。

KMEW製 カラーベスト コロニアルグラッサ

こちらはとても人気のある屋根材で、今や外を歩けばどこでも見かける事ができます。

施工後写真がコレ☆

いや〜・・・ピッカピカですね 😀 !!!すばらしい!!!

以前のっていた屋根材がとても重い物でしたので、こちらの屋根材に変えることでかなりの屋根の軽量化になりました。 屋根を軽くするともちろん建物への負担もへり、何より一番期待できるのが耐震効果です!!きっと揺れも小さくなったと感じるはずです!!

 

昨年の東日本大震災を受け、ハウス工房は耐震補強にも力を入れています。

今現在自分の住まいはどの程度地震にたえられるのか。

それを数字で表すことのできる【耐震診断

ハウス工房ではそれを完全無料でやらせて頂いております。

興味のある方はお気軽にご連絡下さいネ 😮 →http://www.dir-c.co.jp/contact/contact.php

投稿ナビゲーション