家づくりの第一歩は工務店選び

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

業者間のあいさつで、忙しいですか?暇ですか?

建て方

たわいもない挨拶から仕事の依頼へと進んでいくことがあって、
実際に忙しいか、暇化は仕事の内容によりけりなところもありますが、
材木屋さんの意見は参考になりますね。

大工工務店ともなれば、木材を購入するのは材木屋さんからで、
今まで材料がはけていた工務店から依頼等が無ければ、

最近動きが少ないなぁ、
それが取引のある工務店が軒並み動かないことが、
時期的なものか、ユーザーさんの動きが少ないか、など要因はそれぞれ。
そんな中、ディア―コーポレーションでは、
4月末から5月に掛けて、3週連続での建て方(上棟)が続き、
その3案件(現場)の木完が6月。

しかも、駅近案件や前面道路が狭隘でレッカー車の使用が不可の案件が続き、
そこで活躍するのが荷揚げ屋さんです。

細かい話ですが、レッカー車を使用するのと、
荷揚げ屋さんを手配するのでは、建て方費用にも影響が出ます。
見積に反映する箇所ですので、注意してみてください。

単なる継続ではなく、しっかりと積み重ねてきた結果ですね。

今月(6月)に基礎を着工いたしました、
案件が来週から2週連続で建て方(上棟)と、
設計事務所さんからの注文住宅依頼で基礎着工が一案件、

こちらが7月建て方(上棟)、
更に新規で基礎着工が2案件の予定があります。

建て方①

それでもお断りしている案件が4~5件あります。
ディア―コーポレーションでは、
何でもかんでも依頼を受けると言う事はしません。
ディア―コーポレーションに信頼をよせて下さっている、
今のお客様をないがしろになってしまいかねない懸念があるからです。

思い立ったら吉日、善は急げ。

いずれは自分も家が欲しいけど、お金ないしお金がある人はいいなぁ。
即決の場合もあるかもしれませんが、
焦る必要もなければ、あきらめる必要もありません。

作り手とお客様との相性も重要なので、
じっくりと見定める必要もあります。

それがもしかしたら、家づくりに時間がかかる
要因の一つかもしれませんね。
家づくりの知識も必要なので、
資金に不安があるのであれば、
先ずは資金計画から家づくりを進めてみるものひとつです。

お子さんの入学との時期ですとか、
それが1年後、2年後と言う事であれば、

それまでに資金調達の可能性が広がります。
またご相談していく中で、自分の思い描く家づくりが実際可能なのか、
その素材にこだわりたいのか、本当に必要なのか。

住設備と云われる、キッチンやユニットバス、お風呂、洗面やトイレなどは
お客様の好みや組み合わせによっては、

単なるグレードに偏ることなく、
お客様の希望を叶える設備もあります。

又、それが必要のない事柄であれば
建築費用を削減できるかもしれません。
いずれはとか、金銭面に不安があるなら、
プロ集団の弊社にご相談ください。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、
お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。

お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、
建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

アパートの大家さんに選択肢

神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

工務店と聞くとどんなイメージがわきますか?

構造材1

ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
リフォーム専門店とうたっていますが、
例えば餃子の王将だからと言って餃子だけではないですし、

朝専用缶コーヒーでも
朝だけ飲むわけではありませんよね。

それと全く同じではないですが、
イメージ的には同じようなもので、
実はリフォームだけではありません。
現在進行中の戸建てのリノベーション、
店舗兼賃貸アパートの新築、

そして来月中旬には店舗改修が控えています。

それぞれに大工の知識や経験が必要とされる物件ばかりです。
とかく家づくりというと、
大手のハウスメーカーで建てても、

建築の現場で実際にたたいているのは、
小さな工務店や地元の工務店だったりして、

技術的な面から考えれば、
「工務店で建てるのも同じですよ~」
という営業トークを聞いたことがあります。
そうは言っても、工務店のイメージって・・・。

寡黙でコツコツ、近寄りがたいし話しかけづらい、
怖い、打ち合わせがまともにできるの?

そうですよね、
中には一昔、二昔前に習ったやり方を
貫いている工務店も多かれ少なかれ、あることでしょう。

それでよくわからない工務店に頼むくらいなら、
アパートで賃貸だから普通で十分だし、
実績も多くある大手に任せておく方が
無難で安心しますよね。
それは集合住宅に限らず、

きっと新築一戸建てでも同じでしょう。
ただアパート経営を考えて大手に足を運んだとしても、

すべて建築できるかと言えば、
それなりの入居者数や家賃収入が見込めないと、
お断りされるかもしれません。

せっかく夢見た家づくり、アパート経営を諦める前に、
ハウス工房(ディア―コーポレーション)に是非お声かけください。

そこでお客様のこだわり要素や希望、
それに見合った敵材料を使用して、
他物件と差別化を図る提案はできると思います。
そんな中ハウス工房(ディア―コーポレーション)に
依頼してくださいました、アパートの大家さんです。

このアパート建築では、レッカー車が入れない癖のある現場でした。
「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」という、

斎藤一人さんの言葉が好きで、
この時は社員大工一丸となって、
人力、手起こし作業の大工建前となりました。

最後にお伝えしたいことは
大手ハウスメーカーに限らず、

地域密着の工務店そして小さな工務店の
どこに建築、家造りを依頼するにしても、
欠かせないことは、資金計画です。
このファイナンシャルプランを行わずして
家作りをしてしまうと、どこかにしわ寄せが来ます。

つまりあれこれ、なんでも希望・要望を
盛り込んでしまうと、最終的には予算を削るような、

残念な家づくりを招くとも限りません。

おおよその統計では、
毎年一万人が住宅ローンで破産していると云う
データがあります。

そのように家つくりで失敗しない為にも、
ファイナンシャルプランをしておくことが大変重要です。

借りられる額より、返せる額。これが第一歩です。

ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
そうしたファイナンシャルプランから将来的に建てた後も、
メンテナンスや新たな物件をどこの業者、
建築会社に頼んでいいかわからないという、
建築や家づくりに対する不安は解消されると思います。

完成間近1

将来的には昔のお抱え大工的の工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

お客様に喜ばれる家づくりが何よりです。
ハウス工房(ディアーコーポレーション)では、
家づくりに関する無料の資料をご用意しています。

ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、お気軽にご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。