収納は自由度の高い可動棚を採用

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

生活スタイルに合わせて
収納スペースを替えられる豊富な収納

可動棚
大工作業で、そこで作業しようとしたら
木材であったり石膏ボードであったり、
残存物がある事で作業が出来ず、

作業スペースを確保するために
何度もモノを動かす、その様な移動の手間は、

とかく無駄な作業。遊んでいるのかと怒られてしまいます。
そうかと言って、やりにくいまま作業をすればケガの元ですし、
移動せざるを得ないわけです。
なので使用する材料は予めどの順番で施工していくか、
イメージし仮置きしておかないと時間ばかり浪費して、はかどりません。

収納スペースにしても、勿論整理整頓しておくことで、
解消されることもありますが、

そもそもどこに仕舞ったか分かり辛い、又奥の方から探し出すのは、
宝探しでない限りは無駄な行為のように思いますね。
ご自分の家であれば、思い切ってオープンにする事で、

日々の生活で使いやすいように、探す手間、
出し入れの動作が少なくて済む収納スペースと云うのも、

一つのアイデアとして取り入れる価値あると思います。
さらに、今後の生活変化に対応できる様な収納を考えた時、
お好みに合わせてカスタマイズ出来る、可動棚は外せませんね。
こちらで使用しているガチャレールや棚柱、
棚受けなど金物類はロイヤル製の収納パーツで、

棚からの設置は全て大工作業。
これで大分自由度の幅が広がります。

それだけではありません。和室は小上がりにして、
下部に収納を設けます。畳に腰を掛ける姿が想像できます。
又リビングを勾配天井にすることで、開放感のある空間が広がり、

勾配天井
リビングにあるクローゼットが窮屈に見えませんね。
因みに勾配天井はレッドシダーを貼っています。

無垢材なので同梱包の中でも質の良い悪いがあって、
棟梁が厳選してから慎重に貼っていきます。
よ~く見るとフシが少ないのがわかりますか。
これは通常のレッドシダーよりもワンランク上の
上質なものになります。

貼って終わりではありません。レッドシダーに塗装していきます。
下に見えるのも白色に塗装した巾木です。

建具取付け、巾木施工で木完となります。
ここまで来るとあとは仕上げ職人さんの乗り込みです。
壁左官やタイル貼り、そして設備関係での

水廻り接続(水道業者さんのキッチン・トイレ等の接続)と、
照明関係(電気業者さん)。もう一息ですから、ここで気を緩めず完工を目指します。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

カーブを描くアールデザイン

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

鈴 木 岳 彦 建 築 設 計 事 務 所
×
大 工 職 人 匠 技
内部
前回の「戸建ての書斎を離れにレイアウト」の内部編です。
現場を着工してから図面の修正がほとんどないと言っていいほど、

図面通りに仕上がったのではないかと思います。
天井から壁にかけて、壁から天井にかけての曲線美。
仕上がる前の状態はしっかりと断熱材も施工していますよ。
アール壁内部
まだサッシ類が納品される前でしたので、
雨が入ってこないように開口は塞いであります。
仕上がってしまうとこのアール壁の中身は
どうなっているのか見えなくなってしまいます。
N様邸でのアール壁の下地はこのように施工しています。
アール壁下地
実はこのような下地作業に時間をついやし、
大工工事が中々進んでいないように感じることがありますが、

きれいに仕上がるか否かは、
この下地施工次第なのでとても重要です。
最終的にダメ出しが出れば、

この工程まで戻り作業となります。
大工としては戻り作業程無駄なことはないので・・・。

材料や時間、費用も無駄になってしまいます。

べた座りしてちょうど目線にくる庭。
そこへとつながる開口は、
2連引込サッシにすることで、
開放感たっぷりとなるサッシが選択されています。

その脇には粋な収納スペースも確保してあります。

木の質感を損なう事の無いように、
機械的なエアコンを目立たなくするための
工夫として収納できるスペースは最初から確保。

木の素地を存分に味わえる仕上りだからこそ、
クロスで仕上げるのはもったいないですね。
アール天井
何気なく四方ある壁のうち一面を
アクセントカラーでと考えがちですが、
これだけアールデザインと味わいある
木質で統一しているので、アクセントは必要なさそうですね。

そして高所にあるFIXサッシからは、
差し込む光が明るすぎず、ちょうどよく感じました。

ちゃんと収まるかちょっと心配だったと云う
造作デスクのカウンターもピッタリ。
そして最後に外部のアルミ引戸から

中が見えないように折れ戸を設置。しかも大工造作です。
造作建具
おこもり感のあるアート的な住空間の総仕上げは、
OS塗装を施しペーパーを掛けて完工です。

そして書斎と庭をつなぐオープンデッキは、サイプレス材を使用。
デッキ
外部も雨樋を設置し、画像では見えませんが
落ち葉よけも忘れずに施工してあります。
ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、

中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

追記
この度の設計事務所
鈴木岳彦建築設計事務所のホームページはこちらから