ガラスブロックで採光を解消

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

外観1

建物は歩道を挟んで大通りに面しているので、
人通りも多いですし、車の交通量もあります。

そこで防犯だけを考えてしまうと、開口サッシは避けたいところ、
ただ家の顔でもある玄関ですからやはり採光も気になります。
そこで暗くなりがちな玄関ホールに

ガラスブロック(今回の製品は「たまゆら防火設備仕様」です)を
採用する事でクリアできるのだと改めて思いました。
玄関ドアがSD仕様なので重厚感がありますから、
ガラスブロックを採用する事で重々しい雰囲気が和らぐような外観です。
実際ホール内にいるときに、人通りがわかるかなぁぐらいの、

人の気配はわかりますし、
外からのプライバシーも確保されているように感じました。

そういう事もあり公共の場(行政や病院等)で
ガラスブロックが採用されているのは、
公共というオープンな場所でありながらも

プライバシーの確保に努められる製品だからかもしれないですよね。
この度のお客様は美容室を経営なさっているオーナー様。

戸建てでガラスブロックを取り入れるあたりは
アクセントにもなりますし、美的センスが光ります。
建物はと言うと外観は2F~搭屋階。
搭屋階
↑施工中の搭屋階への入り口です。
内観ではロフトがあります。

このようなプランで気を付けるべき点は、
先ず法規制等の諸条件をクリアしなければならない事が
多々あると言う事です。

建ぺい率、容積率は勿論の事、搭屋階の面積。
ロフト(小屋裏)の天井高、床面積。
ロフト開口を取っているのであれば、開口面積など。

多層階で法規を熟知している経験豊富な設計士さんでないと

失敗してしまうかもしれません。
それはいざ建築確認を申請したら、
数値・面積等がオーバーしていれば、
余儀なく図面変更をせざるを得ません
(間取り変えをするか、使用資材、製品を変更するか…)

結局のところまた初めからプラン等を
練り直す作業からになります。

又現場で作業するにあたっては、
その図面等を把握できるだけの実績のある建築会社、
大工さんや工務店なのか、チェックが必要不可欠だと思います。
搭屋2
↑搭屋階からの左官工事前の下地状況。
外観は左官仕上げ(塗り壁)で、バルコニー手摺は木製のルーバータイプ。

外部からはパッと見、自然素材を使用しているというのは
分かり辛いと思いますが、ワンポイントで自然素材を取り入れることで、
内側から見た時に目を引きますね。
こちらも大工造作仕上げです。

ディア―コーポレーション(ハウス工房)では、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、中々伝えづらいイメージを
何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。

お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には、
一昔のお抱え大工的な工務店として、
任せていただけるなら全力でお役にたちます。
ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。

なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。

建築としてトータルな目線で、
お客様が安心できる住まいを提供できるよう、

家を建てるだけのご提案だけでなく、ファイナンシャルプラン(資金計画)から地盤調査、お引渡しまで、お客様の何とかしてほしい、そんな気持ちに全力で取組みます。

カップボードの充実した設備

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

自己管理スケジュールを中長期的と、
月単位、一週間単位、一日単位で

スケジュール管理していく中で事務所に常駐と云うわけではなく、
事務作業に必要な時間を取るような管理。
自分自身に置き換えてみれば、電話なり、メールで問い合わせた時に、

そのタイミングでレスポンスが悪かったり、
ファーストコンタクトが取れないのであれば、
改めて問い合わせする事がないので、
日中にお問い合わせいただいても対応できていないことも
多々あるのかもしれないという出来事。

お客様からの問い合わせ。
内容はカップボード施工。
カップボード
お客様ご自身ですでにショールーム等で、
ご検討の製品が決まっており、資料も整っています。
資料と言うと、製品の寸法や配置関連、ショールームで作成するパースなど。

当社では製品の発注、納品、取付けまで可能なので、
あとは金額と現地の採寸日程、施工日となります。

お問い合わせいただいたその日のうちに
当社にお越し下さり、フットワークの良さが流石です。
金額はメーカー価格が決まっていても、
各業者、工務店によって仕入れ値が変わってきます。
そこで金額をお聞きした時に、

「うぉ!高級カップボード」と言う感想でした。

それもそのはず設備が充実していて、
蒸気処理機能付き、ナノイー搭載食品庫…。
自分の知らない設備がありまだまだ勉強不足です。

採寸は実際の取付け位置の天井高であったり、
冷蔵庫などに干渉しないよう現調はしたいところです。

とても現調は重要で、取付けに際して作業は一日工程。
自社大工と電気職人、製品が確定しているにもかかわらず、
現地で設置できませんではとんだ失態です。
工期も伸びますし、無駄な金額が発生してしまいます。

施工日当日にいかにスムーズに施工できるようにするか。
現調では気を引き締め見落としが無いよう二人で行い、確認。
現調
工程はお客様より注文依頼をいただいての製品発注、
納期確定、その流れで施工日を決めていきます。

ただ今回は発注時期がお盆に絡でいましたので、
事前に大よその納期日と
メーカーがお盆休みで稼働していない状況をお客様にはご説明して、

お客様のご協力にも助けられ、施工日が確定。
あとは大工工事と電気工事の施工です。

先行で幅木が取り付けられている状況で、
カップボード後付の場合、納まりがおかしくならないよう
細かな作業が必要です。
こちらの作業、中々分かり辛いですが、工夫の納まりの逸品です。
巾木納まり
ディア―コーポレーション(ハウス工房)では、建物を建てるだけでなく、
建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、お客様の何とかしてほしい、

中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。
今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、

お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。

お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には、
一昔のお抱え大工的な工務店として、
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、お客様に安心して頂く意味でも、
建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。
建築としてトータルな目線で、お客様が安心できる住まいを提供できるよう、

家を建てるだけのご提案だけでなく、
ファイナンシャルプラン(資金計画)から地盤調査、お引渡しまで、
お客様の何とかしてほしい、そんな気持ちに全力で取組みます。

スキップフロアで演出する寝室

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

☆内観は0.5F~の多層階
×
大 工 職 人 匠 技

0.5F~1.5F
↑ここに、0.5Fと1.5Fが施工されます。通常は廊下や壁を設置していきますが、
そこをつなぐのが、縦空間を活用するためのスキップ階段です。

自社の基礎工事完工後、いよいよ大工の乗込みとなります。
土台施工を皮切りに仕上げ業者に引き継ぐまで、

当社では棟梁(親方)を一人、
現場状況により応援大工(自社大工)を付けていく形式です。
そうなると、現場の状況は自主的です。整理整頓や清掃など。

考え方は様々で、又汚れてしまうので作業終了で掃除をすればいいとか、
掃除をする時間があるなら、他の作業をした方がいいとか…。

2F施工前
↑常に現場をきれいにしておくと、他業者(電気業者、設備業者…)も気を使うものです。
何が正しいかと言う事ではなく、現場が乱雑しているよりは、
整理整頓の方がいいですし、きれいにしすぎる事はないので、

大工の力量、現場に対する心構え、態度、何を意識しているかに掛かってきます。

スキップフロアで気を付けたい事は、
スキップフロアを間取りに採用するのは図面上では簡単だと思いますが、

実際には空間と段差の把握が重要で、
多層階の設計を得意としている設計事務所さんでないと、
法規上の計算(建ぺい率・容積率等)にも関わってきますし、

実生活では空間を無駄にしかねない間取りに陥りやすいですし、
それが暮らしにくい、住み辛い導線になってしまいます。
大工に於いても多層階ともなれば、経験や知識が必要となりますから、
図面上からおおよその完成をイメージできていないで
施工を進めてしまうと虫食い状態で、上下移動が多くなりますし、

材料の置き場所も中々確保できなくなってきます。
それだけでも、無駄が発生して工期が延びてしまう事もありますので、
やはり整理整頓は大事ですね。

そんな中でのスキップフロア階、
0.5FにはUB・洗面室、ヌックスペースを確保した贅沢な空間。

そこから縦空間を利用しての1.5Fには寝所を設ける間取り。
ガチガチに壁で間仕切り、建具を多用すると窮屈になりがちですが、
そこをオープンな収納、グレーチングを活用する事で、圧迫感が和らぐと思います。

寝所
ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

追記
この度の設計事務所
OASis一級建築士事務所のホームページはこちらから
http://www.i-oasis.net

自由設計の新築戸建て家造り

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

現在、店舗新案件の美容室(サロン)が大工解体で進行中。
他に注文住宅のお引渡し2案件を控えており、
新築アパートが一棟施工中なので

お盆中も休まず施工現場に通っています。
早速お盆明けには、川崎市で新築アパートの基礎着工を控えています。

その中で前回お伝えいたしました、
自由度の高い可動棚を採用頂きました、S様邸の続報となります。
いよいよ足場の解体が完工しましたので、外観はこちらです。
外観
屋根型が見えないようにとの要望で、パラペットで囲う形になりました。
実際は奥に向かって勾配が付いています。

さて外壁は左官工の塗り壁仕上げです。
今となっては、外壁仕上げで言うところの左官の他に、

サイディングやガルバリウム鋼板材、パワーボードなどの貼り物とは違い、
中々天候に左右されやすい左官工事。乗り込み日程が
ちょうど梅雨の長雨時期と重なり、

日程調整でヤキモキしていたのをふと思い出します。
ん?色々な資材があちらこちらに。

そうですまだ外構工事が残っています。
お盆中は外構工事業者さんにもお盆休み返上で協力してもらい、
この外構仕上げに励んでいます。
約2週間前の事。自社施工の低層マンション山留工事では、
約2M地中作業なので猛暑中の猛暑に加え無風。

さすがにぶっ倒れる寸前のところ、
捨コン時にミキサー車のドライバーさんの好意で

冷房の効いた運転席で10分前後休ませてもらい、
本当に助かりました。それだけでも大分体の調子が良くなり、
後の作業は全く大丈夫でした。

まぁこれが世間で云う「熱中症」で、
こまめに休んでいてもだんだん息遣いも荒く、
立っているのがシンドイ。
無理せずに勇気をもって早めに日陰のある場所で、
少しでも風の通りのいいところで休むのがベストでした。

そんな状況下で外作業をしていたので、
室内の作業は比較的ラクに感じられますし、

お盆中の外構工事も休憩どころがわかり、
何とかもう一息のところまで来ました。
室内はと云うと床養生ハガシを終え、

厚さ30㎜の無垢材に、勾配天井は羽目板。
そこ以外の天井、壁は漆喰塗り、

そしてホールやキッチンはタイル貼り…。
こだわりの詰まった住宅が完成です。
これが注文住宅の家づくりのいいところでもあり、
大変なところでもあります。
因みにキッチンはウッドワン製のスイージシリーズ。
キッチン
食器棚(カップボード)や建具も同様にウッドワン製です。
そうそう、写真を撮り忘れた洗面室には、

室内物干しスペースも兼用しています。
ディア―コーポレーション(ハウス工房)では、
建物を建てるだけでなく、建築全般として

あらゆる角度から知恵や工夫で、お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。

そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。
今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には、
一昔のお抱え大工的な工務店として、

任せていただけるなら全力でお役にたちます。
ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、

お客様に安心して頂く意味でも、
建設業の許可を持っている工務店でもあります。
また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、

ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、

ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。
建築としてトータルな目線で、
お客様が安心できる住まいを提供できるよう、
家を建てるだけのご提案だけでなく、

ファイナンシャルプラン(資金計画)から地盤調査、
お引渡しまで、お客様の何とかしてほしい、そんな気持ちに全力で取組みます。

収納は自由度の高い可動棚を採用

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

生活スタイルに合わせて
収納スペースを替えられる豊富な収納

可動棚
大工作業で、そこで作業しようとしたら
木材であったり石膏ボードであったり、
残存物がある事で作業が出来ず、

作業スペースを確保するために
何度もモノを動かす、その様な移動の手間は、

とかく無駄な作業。遊んでいるのかと怒られてしまいます。
そうかと言って、やりにくいまま作業をすればケガの元ですし、
移動せざるを得ないわけです。
なので使用する材料は予めどの順番で施工していくか、
イメージし仮置きしておかないと時間ばかり浪費して、はかどりません。

収納スペースにしても、勿論整理整頓しておくことで、
解消されることもありますが、

そもそもどこに仕舞ったか分かり辛い、又奥の方から探し出すのは、
宝探しでない限りは無駄な行為のように思いますね。
ご自分の家であれば、思い切ってオープンにする事で、

日々の生活で使いやすいように、探す手間、
出し入れの動作が少なくて済む収納スペースと云うのも、

一つのアイデアとして取り入れる価値あると思います。
さらに、今後の生活変化に対応できる様な収納を考えた時、
お好みに合わせてカスタマイズ出来る、可動棚は外せませんね。
こちらで使用しているガチャレールや棚柱、
棚受けなど金物類はロイヤル製の収納パーツで、

棚からの設置は全て大工作業。
これで大分自由度の幅が広がります。

それだけではありません。和室は小上がりにして、
下部に収納を設けます。畳に腰を掛ける姿が想像できます。
又リビングを勾配天井にすることで、開放感のある空間が広がり、

勾配天井
リビングにあるクローゼットが窮屈に見えませんね。
因みに勾配天井はレッドシダーを貼っています。

無垢材なので同梱包の中でも質の良い悪いがあって、
棟梁が厳選してから慎重に貼っていきます。
よ~く見るとフシが少ないのがわかりますか。
これは通常のレッドシダーよりもワンランク上の
上質なものになります。

貼って終わりではありません。レッドシダーに塗装していきます。
下に見えるのも白色に塗装した巾木です。

建具取付け、巾木施工で木完となります。
ここまで来るとあとは仕上げ職人さんの乗り込みです。
壁左官やタイル貼り、そして設備関係での

水廻り接続(水道業者さんのキッチン・トイレ等の接続)と、
照明関係(電気業者さん)。もう一息ですから、ここで気を緩めず完工を目指します。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

戸建てと敷地を効率的に活用

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

外観は3階・内観は多層階
×
大 工 職 人 匠 技

Y様邸1
レッカー使用の際には道路通行止めが止むなしの建築現場。
通常であれば道路使用承諾に迂回経路図を添付して…と行くはずが。

前面道路は園児の送迎バスルートになっており、
レッカー業者さんが送迎バスルートの時は
中々使用許可が下りない可能性があるよとの忠告があり、
結局レッカーなしの人力建て方(上棟)。

それでも、当社の強み「自社大工」だからこそ
一致団結で、無事に「祝上棟」。

でもこれからが大変な5層階施工。

敷地が97.34平米で建ぺい率70%、容積率150%の地域。
厳しい敷地条件の中、1Fにガレージ・ホール・寝室。
1.5階にクラ。2Faにキッチン・ダイニング。
スキップフロアで2Fbにリビング・書斎。
そして3Fに寝室・UB・洗面室とすることで、

スキップフロア①

数式上の建築面積の限界が68.13平米、
実際の建物は68.03平米なので、70%>69.89%。

又容積は、限界が146.01平米に対し、
実際は141.77平米なので、150%>145.64%と、クリアとなるわけです。
有効活用されていると思いますね。

その設計を実現したのが、OASis 一級建築士事務所。

どうしても大工の視点からすると
上下の動き(上がり下がり)が多くなると、まぁ~はかどりません。

道具の持ち運び、資材の移動、ごみ片付けなど、
加えて鉄骨階段なので、大工都合で階段施工が出来ない。
鉄骨屋さんの納品・施工・仕上げに委ねられるわけです。

お任せ状態が意外ともどかしいものです。
階段が設置されるまで、足元の悪い状況が続きますからね。

それでも想定内です。
それは、今回の設計事務所さんと仕事をするのは2度目。

今まで当社でも設計事務所、設計士さん等、
同業他社さんからの依頼も多く受けてきました。
やはり工務店として施工するに当たり、設計士さんとの相性は重要です。
工務店側(作り手)の意見を取り入れてもらえるものなのか、
図面では分かり辛い、細かな収まり箇所は施工していればどうしてもあるものです。

それを工夫無しに無理な施工依頼で
押し付けてくる設計事務所さんもあります。

結果的には現場のムード(雰囲気)は悪くなる一方ですね。

もうひと踏ん張り、いよいよ階段が施工され、
外壁は塗り壁(仕上げ:ジョリパット)とガルバ(写真では反対側)。
室内は漆喰塗り壁に一部クロス施工しています。

鉄骨階段

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

追記
この度の設計事務所
OASis一級建築士事務所のホームページはこちらから

カーブを描くアールデザイン

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

鈴 木 岳 彦 建 築 設 計 事 務 所
×
大 工 職 人 匠 技
内部
前回の「戸建ての書斎を離れにレイアウト」の内部編です。
現場を着工してから図面の修正がほとんどないと言っていいほど、

図面通りに仕上がったのではないかと思います。
天井から壁にかけて、壁から天井にかけての曲線美。
仕上がる前の状態はしっかりと断熱材も施工していますよ。
アール壁内部
まだサッシ類が納品される前でしたので、
雨が入ってこないように開口は塞いであります。
仕上がってしまうとこのアール壁の中身は
どうなっているのか見えなくなってしまいます。
N様邸でのアール壁の下地はこのように施工しています。
アール壁下地
実はこのような下地作業に時間をついやし、
大工工事が中々進んでいないように感じることがありますが、

きれいに仕上がるか否かは、
この下地施工次第なのでとても重要です。
最終的にダメ出しが出れば、

この工程まで戻り作業となります。
大工としては戻り作業程無駄なことはないので・・・。

材料や時間、費用も無駄になってしまいます。

べた座りしてちょうど目線にくる庭。
そこへとつながる開口は、
2連引込サッシにすることで、
開放感たっぷりとなるサッシが選択されています。

その脇には粋な収納スペースも確保してあります。

木の質感を損なう事の無いように、
機械的なエアコンを目立たなくするための
工夫として収納できるスペースは最初から確保。

木の素地を存分に味わえる仕上りだからこそ、
クロスで仕上げるのはもったいないですね。
アール天井
何気なく四方ある壁のうち一面を
アクセントカラーでと考えがちですが、
これだけアールデザインと味わいある
木質で統一しているので、アクセントは必要なさそうですね。

そして高所にあるFIXサッシからは、
差し込む光が明るすぎず、ちょうどよく感じました。

ちゃんと収まるかちょっと心配だったと云う
造作デスクのカウンターもピッタリ。
そして最後に外部のアルミ引戸から

中が見えないように折れ戸を設置。しかも大工造作です。
造作建具
おこもり感のあるアート的な住空間の総仕上げは、
OS塗装を施しペーパーを掛けて完工です。

そして書斎と庭をつなぐオープンデッキは、サイプレス材を使用。
デッキ
外部も雨樋を設置し、画像では見えませんが
落ち葉よけも忘れずに施工してあります。
ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、

中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

追記
この度の設計事務所
鈴木岳彦建築設計事務所のホームページはこちらから

戸建ての書斎を離れにレイアウト

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

鈴 木 岳 彦 建 築 設 計 事 務 所
         ×
  大 工 職 人 匠 技

外装2

3月~4月にかけて3棟を立て続けに、
上棟の運びとなりこの時期になりますと、
お客様へのお引渡し工期日程に近づいてきます。

その中でご紹介できるのが、練馬区のN様邸です。
中々都内までは施工範囲ではありますが、

営業活動からは積極的ではない部分もあります。
それが、今回お施主様であるN様の担当設計事務所さんと、
当社でもお取引のある「松下産業」さんが
共通の縁と言う事で、奇跡的な出会いにより、
この度のN様邸増築工事に携わる事となりました。

画像をご覧いただくと、
全くの新築です。

新築となると「ここの土地に建物を建てますよ」と云う
大まかな意味合いで確認申請を作成し、
公にすることになります。

それは一つの土地に一つの建物しか建てる事が出来ない
という制約があり、費用もかかりますし、時間もかかります。

そこであらゆる条件をクリアする事で、
建築確認申請の要らない建物を建てる事が出来ます。
そうだからと言って適当な施工ではだめで、
現行法に適合する建物でなくてはいけません。
構造金物の設置であったり、容積率や建ぺい率、

防火地域など高さ制限などを
考慮しておかなくてはならないものです。

それを知らずに施工しましたと
言う事はあってはならないことですから。
こうしていよいよ着工していくわけです。

先ずは外部面から決めていきたいところですね。

屋根やサッシ廻りがきちんと収まるまでは、
部屋内は濡らしたくないので
中々内部造作に取り掛かり辛い、

そうは言っても、大工工事は晴れでも
雨でも出来る作業は多々あり、

天候をも気に掛けながら
外部、内部は並行して作業を進めていきます。
外装1
足場がないことにお気づきかと思いますが、
二連ハシゴを二つ用意しての作業。

サッシを設置するにしても、
外部を仕上げるにしてもこれが中々はかどらない。

それでも工夫しながら木材を守る
下張材(アスファルトフェルト)の施工、
サッシ取付、外部仕上の下地(シャクリ有り横胴縁)施工、

ここまでくると、やっと外部仕上です。
外部に使用した木材は≒400本、
会社の加工場にて塗装を施すのに約3日、
【塗装で使用した木材保護塗料:キシラデコール
色はジェットブラック】
建築場所でも木材をカットしていますから
塗残りの無いよう、現場にてもう一度塗装をしています。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

追記
この度の設計事務所
鈴木岳彦建築設計事務所のホームページはこちらから
完成

”家づくり学校”に掲載中!!

株式会社KG情報が発行する

”家づくり学校”

創刊号「湘南での家づくり」206ページに掲載されました

基礎工事事業部、連日フル稼働

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

基礎工事の基礎知識①。
基礎1
今月新規で都内にあるお寺の塀造り、8月には住宅基礎工事1棟、
木造アパート2棟の基礎着工予定です。
休む間もなく基礎事業部は稼働しています。

建物に関しては、情報誌やインターネットで知識を深められ、
勉強されている方もいらっしゃいますね。

上物(建物)に比べると意外と基礎工事に関しては、
業者任せのところがあるかもしれません。
そこで基礎工事の流れや実際に見に行ったときに、何をしているのか。
まず、設計図書ありき。
基礎工事着手に当たり、まず建築の基礎伏せ図に則り、

設計GL(地盤面)や基礎形状を把握するところから始めていきます。

基礎形状はべた基礎なのか、布基礎なのか、基礎幅はいくつなのか、
基礎高寸法、GLからの根入れ(深さ)を読み取り、

続いてやり方(地縄)を出していくのに、
測量図(確定測量図)を元に隣地との境界(離れ)や境界杭を確認、
そして基準となるベンチマーク(BM)から現況が高いのか、

低いのかによって高低差を設計図書通りに合わせていきます。
現況が高ければ、スキトリ(土出し又は残土出し)をし、
低ければ土入れをしていきます。
ここでコストがかかるのが、場外への残土処分費です。
そして土入れに関しても重機運搬費がかかります。
残土だし
建物の設計図書があり、解体も伴うのであれば基礎工事も見越しての、
解体時のスキトリや無駄な残土出しが不要になる可能性もあります。

基礎工事費用にはちゃんと計上されているか、
施工後に追加費用とならないように要確認ですね。
ここまでが大よその事前段階です。

いよいよ着工に当たり地業工事の流れです。
やり方(地縄)を基準に根切りに着手します。

次に住宅基礎に必要な地耐力を維持するのに、砕石0-40を使用していきます。
ここでのポイントは砕石は約粒子状~40㎜の大きさを使用するところです。
大小様々な砕石を使用する事で、
転圧した時に砕石が隙間に埋まり締まっていくからです。
砕石

次の工程は地中の湿気が床下に上がってくるのを防ぐため、
防湿シートを敷き込みます。

ただ、べた基礎の厚さによっては、耐圧コンクリートのみで湿気を防ぐ事も可能ですが、
やはり念のため防湿シートの施工はしておくべきでしょうね。
防湿シート

捨コンと呼ばれる、コンクリート打ちは基礎の外周部に施工していきます。
防湿シートの密閉(抑える役目)と基礎の墨出しをするのに必要です。
ここまでが地業工事。
捨コン

この墨出しがとても重要なポイントです。
次工程の配筋組、外枠設置、先行アンカーボルト設置…
その後のすべての基礎本工事の基礎となります。
次回はいよいよ基礎本工事の配筋組。
設計図書通り配筋が組まれているか第三者の配筋検査があるほど、とても重要です。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております