収納は自由度の高い可動棚を採用

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

生活スタイルに合わせて
収納スペースを替えられる豊富な収納

可動棚
大工作業で、そこで作業しようとしたら
木材であったり石膏ボードであったり、
残存物がある事で作業が出来ず、

作業スペースを確保するために
何度もモノを動かす、その様な移動の手間は、

とかく無駄な作業。遊んでいるのかと怒られてしまいます。
そうかと言って、やりにくいまま作業をすればケガの元ですし、
移動せざるを得ないわけです。
なので使用する材料は予めどの順番で施工していくか、
イメージし仮置きしておかないと時間ばかり浪費して、はかどりません。

収納スペースにしても、勿論整理整頓しておくことで、
解消されることもありますが、

そもそもどこに仕舞ったか分かり辛い、又奥の方から探し出すのは、
宝探しでない限りは無駄な行為のように思いますね。
ご自分の家であれば、思い切ってオープンにする事で、

日々の生活で使いやすいように、探す手間、
出し入れの動作が少なくて済む収納スペースと云うのも、

一つのアイデアとして取り入れる価値あると思います。
さらに、今後の生活変化に対応できる様な収納を考えた時、
お好みに合わせてカスタマイズ出来る、可動棚は外せませんね。
こちらで使用しているガチャレールや棚柱、
棚受けなど金物類はロイヤル製の収納パーツで、

棚からの設置は全て大工作業。
これで大分自由度の幅が広がります。

それだけではありません。和室は小上がりにして、
下部に収納を設けます。畳に腰を掛ける姿が想像できます。
又リビングを勾配天井にすることで、開放感のある空間が広がり、

勾配天井
リビングにあるクローゼットが窮屈に見えませんね。
因みに勾配天井はレッドシダーを貼っています。

無垢材なので同梱包の中でも質の良い悪いがあって、
棟梁が厳選してから慎重に貼っていきます。
よ~く見るとフシが少ないのがわかりますか。
これは通常のレッドシダーよりもワンランク上の
上質なものになります。

貼って終わりではありません。レッドシダーに塗装していきます。
下に見えるのも白色に塗装した巾木です。

建具取付け、巾木施工で木完となります。
ここまで来るとあとは仕上げ職人さんの乗り込みです。
壁左官やタイル貼り、そして設備関係での

水廻り接続(水道業者さんのキッチン・トイレ等の接続)と、
照明関係(電気業者さん)。もう一息ですから、ここで気を緩めず完工を目指します。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

住宅工事序盤の重要ポイント

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

基礎工事ですぐに
見えなくなってしまう内部施工。

建て方
7月の木完3棟を控え、新規で新築アパートの着工中です。
仕事の上で建築雑誌を見ることもあって、

その記事の内容、写真は仕上がったものばかり。
当然と言えばその通りで、住宅の購入や家の建築、
リフォームを検討するのに、中々建築に携わっていないと、

仕上りのイメージは難しいものがありますね。
お客様に説明するのが上手い職人ばかりではないところで、
口で説明されてもわからない事が、
すぐにインターネットで見られたりする画像があれば、
安心材料の一つになるもですから。

それに実際に工事をお願いしたい会社や
業者選びも兼ねているのかなぁとも、読み取れたりします。

ましてや一昔なら地域密着の工務店であったり、
知り合いの大工さんにお願いしていたものが、
先代の代替わりやSNS等の普及で

選択肢が広がったのも事実で、
地場の工務店で本当に真摯に取り組んでいる

建築会社でも信用してもらえない寂しさも感じたりします。
完成見学会などを体感する事も勿論大切です。
ただ家づくりでは、完成してからでは見えなくなってしまう
箇所こそ大切なことも多々ある中で、
序盤の基礎工事をお伝えしたいと思います。

当社では基礎工事からも自社施工、
建物に関しても自社大工が揃っていますから、

建築途中写真も掲載しているわけです。

配筋

すでに墨出し用の捨コン打設後の工程に入っています。
外部枠を立ち上げて、配筋組が完了し、
図面通りのピッチ(間隔)が合っているか、

耐圧打設の際のかぶりが取れているかなど、
第三者機関検査前の自社検査中です。

合格を前提で次の耐圧打設の準備は万全なので、
ここで指摘の無いようにしっかりと施工しています。
そしていよいよべた基礎(耐圧)打設となります。

気泡ぬき

ここで重要なのが、バイブレーターを使用しての
コンクリート内の気泡を抜いていく作業です。

打設後には内部枠を設置し、
数日の養生期間を経て立上り打設施工です。
この時も気泡抜きを行います。

この基礎の上に建物を施工していくので、
水平に保ちたいところです。
そこで基礎天端仕上げとしてレベラー材(モルタル)を流し込みます。
基礎工事は生ものを扱っていると言っても過言ではありません。
工事の進み具合を段取りよく進めていかないと、

もたついて固まってしまいますから、時間との勝負です。

勿論雨の最中にコンクリート打設は施工しないので、
気温や天候も考慮してと言う事になります。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

戸建てと敷地を効率的に活用

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

外観は3階・内観は多層階
×
大 工 職 人 匠 技

Y様邸1
レッカー使用の際には道路通行止めが止むなしの建築現場。
通常であれば道路使用承諾に迂回経路図を添付して…と行くはずが。

前面道路は園児の送迎バスルートになっており、
レッカー業者さんが送迎バスルートの時は
中々使用許可が下りない可能性があるよとの忠告があり、
結局レッカーなしの人力建て方(上棟)。

それでも、当社の強み「自社大工」だからこそ
一致団結で、無事に「祝上棟」。

でもこれからが大変な5層階施工。

敷地が97.34平米で建ぺい率70%、容積率150%の地域。
厳しい敷地条件の中、1Fにガレージ・ホール・寝室。
1.5階にクラ。2Faにキッチン・ダイニング。
スキップフロアで2Fbにリビング・書斎。
そして3Fに寝室・UB・洗面室とすることで、

スキップフロア①

数式上の建築面積の限界が68.13平米、
実際の建物は68.03平米なので、70%>69.89%。

又容積は、限界が146.01平米に対し、
実際は141.77平米なので、150%>145.64%と、クリアとなるわけです。
有効活用されていると思いますね。

その設計を実現したのが、OASis 一級建築士事務所。

どうしても大工の視点からすると
上下の動き(上がり下がり)が多くなると、まぁ~はかどりません。

道具の持ち運び、資材の移動、ごみ片付けなど、
加えて鉄骨階段なので、大工都合で階段施工が出来ない。
鉄骨屋さんの納品・施工・仕上げに委ねられるわけです。

お任せ状態が意外ともどかしいものです。
階段が設置されるまで、足元の悪い状況が続きますからね。

それでも想定内です。
それは、今回の設計事務所さんと仕事をするのは2度目。

今まで当社でも設計事務所、設計士さん等、
同業他社さんからの依頼も多く受けてきました。
やはり工務店として施工するに当たり、設計士さんとの相性は重要です。
工務店側(作り手)の意見を取り入れてもらえるものなのか、
図面では分かり辛い、細かな収まり箇所は施工していればどうしてもあるものです。

それを工夫無しに無理な施工依頼で
押し付けてくる設計事務所さんもあります。

結果的には現場のムード(雰囲気)は悪くなる一方ですね。

もうひと踏ん張り、いよいよ階段が施工され、
外壁は塗り壁(仕上げ:ジョリパット)とガルバ(写真では反対側)。
室内は漆喰塗り壁に一部クロス施工しています。

鉄骨階段

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

追記
この度の設計事務所
OASis一級建築士事務所のホームページはこちらから

”家づくり学校”に掲載中!!

株式会社KG情報が発行する

”家づくり学校”

創刊号「湘南での家づくり」206ページに掲載されました

基礎工事事業部、連日フル稼働

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

基礎工事の基礎知識①。
基礎1
今月新規で都内にあるお寺の塀造り、8月には住宅基礎工事1棟、
木造アパート2棟の基礎着工予定です。
休む間もなく基礎事業部は稼働しています。

建物に関しては、情報誌やインターネットで知識を深められ、
勉強されている方もいらっしゃいますね。

上物(建物)に比べると意外と基礎工事に関しては、
業者任せのところがあるかもしれません。
そこで基礎工事の流れや実際に見に行ったときに、何をしているのか。
まず、設計図書ありき。
基礎工事着手に当たり、まず建築の基礎伏せ図に則り、

設計GL(地盤面)や基礎形状を把握するところから始めていきます。

基礎形状はべた基礎なのか、布基礎なのか、基礎幅はいくつなのか、
基礎高寸法、GLからの根入れ(深さ)を読み取り、

続いてやり方(地縄)を出していくのに、
測量図(確定測量図)を元に隣地との境界(離れ)や境界杭を確認、
そして基準となるベンチマーク(BM)から現況が高いのか、

低いのかによって高低差を設計図書通りに合わせていきます。
現況が高ければ、スキトリ(土出し又は残土出し)をし、
低ければ土入れをしていきます。
ここでコストがかかるのが、場外への残土処分費です。
そして土入れに関しても重機運搬費がかかります。
残土だし
建物の設計図書があり、解体も伴うのであれば基礎工事も見越しての、
解体時のスキトリや無駄な残土出しが不要になる可能性もあります。

基礎工事費用にはちゃんと計上されているか、
施工後に追加費用とならないように要確認ですね。
ここまでが大よその事前段階です。

いよいよ着工に当たり地業工事の流れです。
やり方(地縄)を基準に根切りに着手します。

次に住宅基礎に必要な地耐力を維持するのに、砕石0-40を使用していきます。
ここでのポイントは砕石は約粒子状~40㎜の大きさを使用するところです。
大小様々な砕石を使用する事で、
転圧した時に砕石が隙間に埋まり締まっていくからです。
砕石

次の工程は地中の湿気が床下に上がってくるのを防ぐため、
防湿シートを敷き込みます。

ただ、べた基礎の厚さによっては、耐圧コンクリートのみで湿気を防ぐ事も可能ですが、
やはり念のため防湿シートの施工はしておくべきでしょうね。
防湿シート

捨コンと呼ばれる、コンクリート打ちは基礎の外周部に施工していきます。
防湿シートの密閉(抑える役目)と基礎の墨出しをするのに必要です。
ここまでが地業工事。
捨コン

この墨出しがとても重要なポイントです。
次工程の配筋組、外枠設置、先行アンカーボルト設置…
その後のすべての基礎本工事の基礎となります。
次回はいよいよ基礎本工事の配筋組。
設計図書通り配筋が組まれているか第三者の配筋検査があるほど、とても重要です。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

第2回Ie(家)とNiwa(庭)のDIY工房開催のご案内

6月に開催致しました、Ie(家)とNiwa(庭)のDIY工房 ご好評につき第2回の開催が決定いたしました!!

イベント内容

・モルタル(コンクリート)・レンガの基本知識講習

・レンガ積み体験

・鉄筋棒で作るアイアン工作講習

 

レンガの積み方やモルタルの作り方の基本知識学んでいただき、実際にレンガ積みをご体験いただけます

またつる性植物を這わせるアイアントレリスの作り方の講習もあります。

DIY初心者の方もお庭をオリジナルにアレンジしてみたい!!とご興味のある方はお気軽にご参加くださいませ

日時:8月4日(土)13:00~15:00

会場:大和市下鶴間1839

ハウス工房 株式会社ディアーコーポレーション

駐車場有(先着5台まで)、小田急線南林間駅からの送迎あり

定員:8組(15名)

参加費:1人1,000円

お申込み締め切り:8月1日(水)

注意:レンガ積み体験でモルタルを使用いたしますので、当日は汚れても良い服装でお越しくださいませ

お申込み・お問い合わせ先

IeNiwa工房株式会社

TEL:0120-77-0716(火曜・水曜定休日)

大和市市民便利帳に掲載

平成30年6月発行 2018~2019年度版の

大和市 市民便利帳 P133

🔍生活ガイド ページに掲載中!!

 

お問い合わせは…🌻こちらをクリック👆

イベント大成功!!!♪

はーぃ🤗

 

 

 

 

 

こんにちわぁ~  ハウス工房の上原です 🐷

 

 

 

 

 

 

 

今日は、梅雨の中休みですね~🌞

 

 

 

 

 

 

 

 

先週から着工した横浜の住宅も順調に基礎工事やってますぅ~✌✌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杭工事から始まって~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと掘削作業~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階建てで基礎もめっちゃジョウブ~~   💪💪💪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残土いっぱい出るぅ~~~😱

 

 

 

 

 

 

 

また進捗情報はアップしていきま~~~ス

 

 

 

 

 

 

 

👹  またまたはしおりすぎ~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週のイベント報告しないと忘れられちゃうので今日は、その話題でぇ💦

 

 

 

 

 

 

 

 

第一回    DIY教室~~~~~🛠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   IeNiwa工房 さん司会や社長あいさつありましたけど🤠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり今日の主役はオイラかなぁ~~~~~    🐷💦

 

 

👹  違うと思うけど

 

 

 

 

 

 

 

オイラのファンのみなさーんの集まれ~~~~~   

 

 

 

 

 

 

 

👹 だからファンじゃないし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注目~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

👹 久しぶりに道具持ったから緊張してないかぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と難しいでしょ~~~~

 

👹頑張ってくださーぃ👍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

匠技見せちゃったりしてぇ~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんないい笑顔😊

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか記念撮影は、オイラが真ん中で💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴間☆ベースも宣伝できたし!😅

 

 

今度は楽しいガレージライフとかどうでしょぉ~~~~

 

 

 

 

 

 

車好きの人集まれ~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

👹  それが目的かぁ💢

 

 

 

 

 

【建て方】相模原市緑区中沢にて増築工事の建て方をしました。

下記の通り、建て方を行いました。

平成29年7月6日に相模原市緑区中沢にて、増築工事の建て方を行いますこと、お知らせいたします。

本日は、土台墨出しから、建て方を行います。

【上棟】多摩市南野戸建てフルリノベーション

下記の通り上棟しました。

平成29年6月12日に東京都多摩市南野にて、増築含むフルリノベーションの上棟しましたこと、お知らせいたします。