ガラスブロックで採光を解消

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

外観1

建物は歩道を挟んで大通りに面しているので、
人通りも多いですし、車の交通量もあります。

そこで防犯だけを考えてしまうと、開口サッシは避けたいところ、
ただ家の顔でもある玄関ですからやはり採光も気になります。
そこで暗くなりがちな玄関ホールに

ガラスブロック(今回の製品は「たまゆら防火設備仕様」です)を
採用する事でクリアできるのだと改めて思いました。
玄関ドアがSD仕様なので重厚感がありますから、
ガラスブロックを採用する事で重々しい雰囲気が和らぐような外観です。
実際ホール内にいるときに、人通りがわかるかなぁぐらいの、

人の気配はわかりますし、
外からのプライバシーも確保されているように感じました。

そういう事もあり公共の場(行政や病院等)で
ガラスブロックが採用されているのは、
公共というオープンな場所でありながらも

プライバシーの確保に努められる製品だからかもしれないですよね。
この度のお客様は美容室を経営なさっているオーナー様。

戸建てでガラスブロックを取り入れるあたりは
アクセントにもなりますし、美的センスが光ります。
建物はと言うと外観は2F~搭屋階。
搭屋階
↑施工中の搭屋階への入り口です。
内観ではロフトがあります。

このようなプランで気を付けるべき点は、
先ず法規制等の諸条件をクリアしなければならない事が
多々あると言う事です。

建ぺい率、容積率は勿論の事、搭屋階の面積。
ロフト(小屋裏)の天井高、床面積。
ロフト開口を取っているのであれば、開口面積など。

多層階で法規を熟知している経験豊富な設計士さんでないと

失敗してしまうかもしれません。
それはいざ建築確認を申請したら、
数値・面積等がオーバーしていれば、
余儀なく図面変更をせざるを得ません
(間取り変えをするか、使用資材、製品を変更するか…)

結局のところまた初めからプラン等を
練り直す作業からになります。

又現場で作業するにあたっては、
その図面等を把握できるだけの実績のある建築会社、
大工さんや工務店なのか、チェックが必要不可欠だと思います。
搭屋2
↑搭屋階からの左官工事前の下地状況。
外観は左官仕上げ(塗り壁)で、バルコニー手摺は木製のルーバータイプ。

外部からはパッと見、自然素材を使用しているというのは
分かり辛いと思いますが、ワンポイントで自然素材を取り入れることで、
内側から見た時に目を引きますね。
こちらも大工造作仕上げです。

ディア―コーポレーション(ハウス工房)では、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、中々伝えづらいイメージを
何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。

お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には、
一昔のお抱え大工的な工務店として、
任せていただけるなら全力でお役にたちます。
ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。

なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。

建築としてトータルな目線で、
お客様が安心できる住まいを提供できるよう、

家を建てるだけのご提案だけでなく、ファイナンシャルプラン(資金計画)から地盤調査、お引渡しまで、お客様の何とかしてほしい、そんな気持ちに全力で取組みます。

カップボードの充実した設備

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

自己管理スケジュールを中長期的と、
月単位、一週間単位、一日単位で

スケジュール管理していく中で事務所に常駐と云うわけではなく、
事務作業に必要な時間を取るような管理。
自分自身に置き換えてみれば、電話なり、メールで問い合わせた時に、

そのタイミングでレスポンスが悪かったり、
ファーストコンタクトが取れないのであれば、
改めて問い合わせする事がないので、
日中にお問い合わせいただいても対応できていないことも
多々あるのかもしれないという出来事。

お客様からの問い合わせ。
内容はカップボード施工。
カップボード
お客様ご自身ですでにショールーム等で、
ご検討の製品が決まっており、資料も整っています。
資料と言うと、製品の寸法や配置関連、ショールームで作成するパースなど。

当社では製品の発注、納品、取付けまで可能なので、
あとは金額と現地の採寸日程、施工日となります。

お問い合わせいただいたその日のうちに
当社にお越し下さり、フットワークの良さが流石です。
金額はメーカー価格が決まっていても、
各業者、工務店によって仕入れ値が変わってきます。
そこで金額をお聞きした時に、

「うぉ!高級カップボード」と言う感想でした。

それもそのはず設備が充実していて、
蒸気処理機能付き、ナノイー搭載食品庫…。
自分の知らない設備がありまだまだ勉強不足です。

採寸は実際の取付け位置の天井高であったり、
冷蔵庫などに干渉しないよう現調はしたいところです。

とても現調は重要で、取付けに際して作業は一日工程。
自社大工と電気職人、製品が確定しているにもかかわらず、
現地で設置できませんではとんだ失態です。
工期も伸びますし、無駄な金額が発生してしまいます。

施工日当日にいかにスムーズに施工できるようにするか。
現調では気を引き締め見落としが無いよう二人で行い、確認。
現調
工程はお客様より注文依頼をいただいての製品発注、
納期確定、その流れで施工日を決めていきます。

ただ今回は発注時期がお盆に絡でいましたので、
事前に大よその納期日と
メーカーがお盆休みで稼働していない状況をお客様にはご説明して、

お客様のご協力にも助けられ、施工日が確定。
あとは大工工事と電気工事の施工です。

先行で幅木が取り付けられている状況で、
カップボード後付の場合、納まりがおかしくならないよう
細かな作業が必要です。
こちらの作業、中々分かり辛いですが、工夫の納まりの逸品です。
巾木納まり
ディア―コーポレーション(ハウス工房)では、建物を建てるだけでなく、
建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、お客様の何とかしてほしい、

中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。
今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、

お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。

お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には、
一昔のお抱え大工的な工務店として、
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、お客様に安心して頂く意味でも、
建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。
建築としてトータルな目線で、お客様が安心できる住まいを提供できるよう、

家を建てるだけのご提案だけでなく、
ファイナンシャルプラン(資金計画)から地盤調査、お引渡しまで、
お客様の何とかしてほしい、そんな気持ちに全力で取組みます。

家を建てる前に法的な基礎知識

神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

建てられないの?
知っていて損はない!家を建てる前には
まず敷地の大切なルールがあります。

打ち合わせ

新築にしても、リノベーション・リフォームで
増改築をしようと思った時に、
いくら自分の敷地だからと云って、

建てたい大きさで家が
建てられるというものでもありません。

敷地に対する建物の大きさを規制する
建ぺい率・容積率があります。
簡単に言うと建ぺい率とは、
敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合で、
建物を真上から見たときの水平投影面積で表されます。

2階建てで一般的な形状の一戸建て住宅であれば、
1階と2階のうちどちらかの大きいほうの面積として、

この建築面積が敷地に対して、
どの程度の割合を占めるのかを示すのが
建ぺい率という事になります。

例えば建ぺい率が40%で、150㎡の敷地の時、
建築面積が60㎡以下の建物でなければなりません。

容積率は、敷地面積に対する
延床面積(各階床面積の合計)の割合です。
例えば容積率が80%の時、150㎡の敷地であれば、
合計120㎡以下の建物(1階が62㎡、2階が58㎡等)に規制されます。

自分の土地なのに建てたい大きさの家が建てられない!
と思うかも知れませんが、

それはお互い様で、規制がないと
近隣に大きな建物が建てられる事になってしまうと思いませんか。
そして建ぺい率・容積率は地域ごとに決められていますので、
各関係行政で確認できる事です。

また、建築できる建物の大きさや
高さを制限する規定は建ぺい率と容積率だけではなく、

斜線制限(道路斜線、隣地境界斜線、北側斜線)や、
低層住宅地における「絶対高さの制限」、
日照を保護するための「日影規制」、

さらに各自治体によって内容が異なる
「高度地区」の制限、地区計画、建築協定なども
規定されていることもあります。
これらの高さ制限や建ぺい率や容積率の制限が組み合わされて、
最終的に建築可能な建物が決まってきます。

法的な事なのでどの業者でも同じことを言うと思います。

知らなくていい事かもしれませんが、
ここは押さえておきたいところです。

なぜなら、いよいよの家作りにデザイン重視で進め、
あれもこれもと要望の叶った家造りだとしても、
ここの法的な事が疎かだと、

定められている建ぺい率や容積率を上限まで使えず、
先の斜線制限によって母屋(一母屋、半母屋など)下がりになり、
建物の上部を斜めにせざるを得なかったり、
最上階の天井高が部分的に低くなったりすることもあります。
せっかく要望の叶った家造りだとしても、

また初めから打ち合わせをする事にもなりかねません。

金銭的にも精神的にも本格的に
家づくりを始める前に疲れてしまいますよね。
家づくりでは、お客様に決めてもらう事も多くなってきます。

お客様には協力してもらう事もありますので、
法的な事ほどサラッと終わらせておきたいものですね。

自分の住んでいる場所がどの用途地域に属して、
どんな規制区域なのかを確認してから
建てたい家の大きさをイメージしましょう。

最後に、ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
必ず各行政の確認をしています。
それはお客様にはがっかりしてほしくないからです。
自社で調査することによって防げる問題もあります。
又そんな解決方法があったのかと、

行政の方からアドバイスをもらえることもあって、
諦めかけていた問題にも対応でき、
それがお客様のこうしたいなぁという要望に応えられるのです。

そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを

将来的には一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)では、
リフォームに関する無料の資料をご用意しています。
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。

それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。