【建て方】相模原市緑区中沢にて増築工事の建て方をしました。

下記の通り、建て方を行いました。

平成29年7月6日に相模原市緑区中沢にて、増築工事の建て方を行いますこと、お知らせいたします。

本日は、土台墨出しから、建て方を行います。

【上棟】多摩市南野戸建てフルリノベーション

下記の通り上棟しました。

平成29年6月12日に東京都多摩市南野にて、増築含むフルリノベーションの上棟しましたこと、お知らせいたします。

家を建てる前に法的な基礎知識

神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

建てられないの?
知っていて損はない!家を建てる前には
まず敷地の大切なルールがあります。

打ち合わせ

新築にしても、リノベーション・リフォームで
増改築をしようと思った時に、
いくら自分の敷地だからと云って、

建てたい大きさで家が
建てられるというものでもありません。

敷地に対する建物の大きさを規制する
建ぺい率・容積率があります。
簡単に言うと建ぺい率とは、
敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合で、
建物を真上から見たときの水平投影面積で表されます。

2階建てで一般的な形状の一戸建て住宅であれば、
1階と2階のうちどちらかの大きいほうの面積として、

この建築面積が敷地に対して、
どの程度の割合を占めるのかを示すのが
建ぺい率という事になります。

例えば建ぺい率が40%で、150㎡の敷地の時、
建築面積が60㎡以下の建物でなければなりません。

容積率は、敷地面積に対する
延床面積(各階床面積の合計)の割合です。
例えば容積率が80%の時、150㎡の敷地であれば、
合計120㎡以下の建物(1階が62㎡、2階が58㎡等)に規制されます。

自分の土地なのに建てたい大きさの家が建てられない!
と思うかも知れませんが、

それはお互い様で、規制がないと
近隣に大きな建物が建てられる事になってしまうと思いませんか。
そして建ぺい率・容積率は地域ごとに決められていますので、
各関係行政で確認できる事です。

また、建築できる建物の大きさや
高さを制限する規定は建ぺい率と容積率だけではなく、

斜線制限(道路斜線、隣地境界斜線、北側斜線)や、
低層住宅地における「絶対高さの制限」、
日照を保護するための「日影規制」、

さらに各自治体によって内容が異なる
「高度地区」の制限、地区計画、建築協定なども
規定されていることもあります。
これらの高さ制限や建ぺい率や容積率の制限が組み合わされて、
最終的に建築可能な建物が決まってきます。

法的な事なのでどの業者でも同じことを言うと思います。

知らなくていい事かもしれませんが、
ここは押さえておきたいところです。

なぜなら、いよいよの家作りにデザイン重視で進め、
あれもこれもと要望の叶った家造りだとしても、
ここの法的な事が疎かだと、

定められている建ぺい率や容積率を上限まで使えず、
先の斜線制限によって母屋(一母屋、半母屋など)下がりになり、
建物の上部を斜めにせざるを得なかったり、
最上階の天井高が部分的に低くなったりすることもあります。
せっかく要望の叶った家造りだとしても、

また初めから打ち合わせをする事にもなりかねません。

金銭的にも精神的にも本格的に
家づくりを始める前に疲れてしまいますよね。
家づくりでは、お客様に決めてもらう事も多くなってきます。

お客様には協力してもらう事もありますので、
法的な事ほどサラッと終わらせておきたいものですね。

自分の住んでいる場所がどの用途地域に属して、
どんな規制区域なのかを確認してから
建てたい家の大きさをイメージしましょう。

最後に、ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
必ず各行政の確認をしています。
それはお客様にはがっかりしてほしくないからです。
自社で調査することによって防げる問題もあります。
又そんな解決方法があったのかと、

行政の方からアドバイスをもらえることもあって、
諦めかけていた問題にも対応でき、
それがお客様のこうしたいなぁという要望に応えられるのです。

そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを

将来的には一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)では、
リフォームに関する無料の資料をご用意しています。
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。

それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。

アパートの大家さんに選択肢

神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

工務店と聞くとどんなイメージがわきますか?

構造材1

ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
リフォーム専門店とうたっていますが、
例えば餃子の王将だからと言って餃子だけではないですし、

朝専用缶コーヒーでも
朝だけ飲むわけではありませんよね。

それと全く同じではないですが、
イメージ的には同じようなもので、
実はリフォームだけではありません。
現在進行中の戸建てのリノベーション、
店舗兼賃貸アパートの新築、

そして来月中旬には店舗改修が控えています。

それぞれに大工の知識や経験が必要とされる物件ばかりです。
とかく家づくりというと、
大手のハウスメーカーで建てても、

建築の現場で実際にたたいているのは、
小さな工務店や地元の工務店だったりして、

技術的な面から考えれば、
「工務店で建てるのも同じですよ~」
という営業トークを聞いたことがあります。
そうは言っても、工務店のイメージって・・・。

寡黙でコツコツ、近寄りがたいし話しかけづらい、
怖い、打ち合わせがまともにできるの?

そうですよね、
中には一昔、二昔前に習ったやり方を
貫いている工務店も多かれ少なかれ、あることでしょう。

それでよくわからない工務店に頼むくらいなら、
アパートで賃貸だから普通で十分だし、
実績も多くある大手に任せておく方が
無難で安心しますよね。
それは集合住宅に限らず、

きっと新築一戸建てでも同じでしょう。
ただアパート経営を考えて大手に足を運んだとしても、

すべて建築できるかと言えば、
それなりの入居者数や家賃収入が見込めないと、
お断りされるかもしれません。

せっかく夢見た家づくり、アパート経営を諦める前に、
ハウス工房(ディア―コーポレーション)に是非お声かけください。

そこでお客様のこだわり要素や希望、
それに見合った敵材料を使用して、
他物件と差別化を図る提案はできると思います。
そんな中ハウス工房(ディア―コーポレーション)に
依頼してくださいました、アパートの大家さんです。

このアパート建築では、レッカー車が入れない癖のある現場でした。
「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」という、

斎藤一人さんの言葉が好きで、
この時は社員大工一丸となって、
人力、手起こし作業の大工建前となりました。

最後にお伝えしたいことは
大手ハウスメーカーに限らず、

地域密着の工務店そして小さな工務店の
どこに建築、家造りを依頼するにしても、
欠かせないことは、資金計画です。
このファイナンシャルプランを行わずして
家作りをしてしまうと、どこかにしわ寄せが来ます。

つまりあれこれ、なんでも希望・要望を
盛り込んでしまうと、最終的には予算を削るような、

残念な家づくりを招くとも限りません。

おおよその統計では、
毎年一万人が住宅ローンで破産していると云う
データがあります。

そのように家つくりで失敗しない為にも、
ファイナンシャルプランをしておくことが大変重要です。

借りられる額より、返せる額。これが第一歩です。

ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
そうしたファイナンシャルプランから将来的に建てた後も、
メンテナンスや新たな物件をどこの業者、
建築会社に頼んでいいかわからないという、
建築や家づくりに対する不安は解消されると思います。

完成間近1

将来的には昔のお抱え大工的の工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

お客様に喜ばれる家づくりが何よりです。
ハウス工房(ディアーコーポレーション)では、
家づくりに関する無料の資料をご用意しています。

ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、お気軽にご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。