住宅工事序盤の重要ポイント

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

基礎工事ですぐに
見えなくなってしまう内部施工。

建て方
7月の木完3棟を控え、新規で新築アパートの着工中です。
仕事の上で建築雑誌を見ることもあって、

その記事の内容、写真は仕上がったものばかり。
当然と言えばその通りで、住宅の購入や家の建築、
リフォームを検討するのに、中々建築に携わっていないと、

仕上りのイメージは難しいものがありますね。
お客様に説明するのが上手い職人ばかりではないところで、
口で説明されてもわからない事が、
すぐにインターネットで見られたりする画像があれば、
安心材料の一つになるもですから。

それに実際に工事をお願いしたい会社や
業者選びも兼ねているのかなぁとも、読み取れたりします。

ましてや一昔なら地域密着の工務店であったり、
知り合いの大工さんにお願いしていたものが、
先代の代替わりやSNS等の普及で

選択肢が広がったのも事実で、
地場の工務店で本当に真摯に取り組んでいる

建築会社でも信用してもらえない寂しさも感じたりします。
完成見学会などを体感する事も勿論大切です。
ただ家づくりでは、完成してからでは見えなくなってしまう
箇所こそ大切なことも多々ある中で、
序盤の基礎工事をお伝えしたいと思います。

当社では基礎工事からも自社施工、
建物に関しても自社大工が揃っていますから、

建築途中写真も掲載しているわけです。

配筋

すでに墨出し用の捨コン打設後の工程に入っています。
外部枠を立ち上げて、配筋組が完了し、
図面通りのピッチ(間隔)が合っているか、

耐圧打設の際のかぶりが取れているかなど、
第三者機関検査前の自社検査中です。

合格を前提で次の耐圧打設の準備は万全なので、
ここで指摘の無いようにしっかりと施工しています。
そしていよいよべた基礎(耐圧)打設となります。

気泡ぬき

ここで重要なのが、バイブレーターを使用しての
コンクリート内の気泡を抜いていく作業です。

打設後には内部枠を設置し、
数日の養生期間を経て立上り打設施工です。
この時も気泡抜きを行います。

この基礎の上に建物を施工していくので、
水平に保ちたいところです。
そこで基礎天端仕上げとしてレベラー材(モルタル)を流し込みます。
基礎工事は生ものを扱っていると言っても過言ではありません。
工事の進み具合を段取りよく進めていかないと、

もたついて固まってしまいますから、時間との勝負です。

勿論雨の最中にコンクリート打設は施工しないので、
気温や天候も考慮してと言う事になります。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

家づくりの第一歩は工務店選び

こんばんは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

業者間のあいさつで、忙しいですか?暇ですか?

建て方

たわいもない挨拶から仕事の依頼へと進んでいくことがあって、
実際に忙しいか、暇化は仕事の内容によりけりなところもありますが、
材木屋さんの意見は参考になりますね。

大工工務店ともなれば、木材を購入するのは材木屋さんからで、
今まで材料がはけていた工務店から依頼等が無ければ、

最近動きが少ないなぁ、
それが取引のある工務店が軒並み動かないことが、
時期的なものか、ユーザーさんの動きが少ないか、など要因はそれぞれ。
そんな中、ディア―コーポレーションでは、
4月末から5月に掛けて、3週連続での建て方(上棟)が続き、
その3案件(現場)の木完が6月。

しかも、駅近案件や前面道路が狭隘でレッカー車の使用が不可の案件が続き、
そこで活躍するのが荷揚げ屋さんです。

細かい話ですが、レッカー車を使用するのと、
荷揚げ屋さんを手配するのでは、建て方費用にも影響が出ます。
見積に反映する箇所ですので、注意してみてください。

単なる継続ではなく、しっかりと積み重ねてきた結果ですね。

今月(6月)に基礎を着工いたしました、
案件が来週から2週連続で建て方(上棟)と、
設計事務所さんからの注文住宅依頼で基礎着工が一案件、

こちらが7月建て方(上棟)、
更に新規で基礎着工が2案件の予定があります。

建て方①

それでもお断りしている案件が4~5件あります。
ディア―コーポレーションでは、
何でもかんでも依頼を受けると言う事はしません。
ディア―コーポレーションに信頼をよせて下さっている、
今のお客様をないがしろになってしまいかねない懸念があるからです。

思い立ったら吉日、善は急げ。

いずれは自分も家が欲しいけど、お金ないしお金がある人はいいなぁ。
即決の場合もあるかもしれませんが、
焦る必要もなければ、あきらめる必要もありません。

作り手とお客様との相性も重要なので、
じっくりと見定める必要もあります。

それがもしかしたら、家づくりに時間がかかる
要因の一つかもしれませんね。
家づくりの知識も必要なので、
資金に不安があるのであれば、
先ずは資金計画から家づくりを進めてみるものひとつです。

お子さんの入学との時期ですとか、
それが1年後、2年後と言う事であれば、

それまでに資金調達の可能性が広がります。
またご相談していく中で、自分の思い描く家づくりが実際可能なのか、
その素材にこだわりたいのか、本当に必要なのか。

住設備と云われる、キッチンやユニットバス、お風呂、洗面やトイレなどは
お客様の好みや組み合わせによっては、

単なるグレードに偏ることなく、
お客様の希望を叶える設備もあります。

又、それが必要のない事柄であれば
建築費用を削減できるかもしれません。
いずれはとか、金銭面に不安があるなら、
プロ集団の弊社にご相談ください。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、
お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。

お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、
建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております