住宅工事序盤の重要ポイント

こんにちは。
神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
注文住宅・リノベーションに強い
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

基礎工事ですぐに
見えなくなってしまう内部施工。

建て方
7月の木完3棟を控え、新規で新築アパートの着工中です。
仕事の上で建築雑誌を見ることもあって、

その記事の内容、写真は仕上がったものばかり。
当然と言えばその通りで、住宅の購入や家の建築、
リフォームを検討するのに、中々建築に携わっていないと、

仕上りのイメージは難しいものがありますね。
お客様に説明するのが上手い職人ばかりではないところで、
口で説明されてもわからない事が、
すぐにインターネットで見られたりする画像があれば、
安心材料の一つになるもですから。

それに実際に工事をお願いしたい会社や
業者選びも兼ねているのかなぁとも、読み取れたりします。

ましてや一昔なら地域密着の工務店であったり、
知り合いの大工さんにお願いしていたものが、
先代の代替わりやSNS等の普及で

選択肢が広がったのも事実で、
地場の工務店で本当に真摯に取り組んでいる

建築会社でも信用してもらえない寂しさも感じたりします。
完成見学会などを体感する事も勿論大切です。
ただ家づくりでは、完成してからでは見えなくなってしまう
箇所こそ大切なことも多々ある中で、
序盤の基礎工事をお伝えしたいと思います。

当社では基礎工事からも自社施工、
建物に関しても自社大工が揃っていますから、

建築途中写真も掲載しているわけです。

配筋

すでに墨出し用の捨コン打設後の工程に入っています。
外部枠を立ち上げて、配筋組が完了し、
図面通りのピッチ(間隔)が合っているか、

耐圧打設の際のかぶりが取れているかなど、
第三者機関検査前の自社検査中です。

合格を前提で次の耐圧打設の準備は万全なので、
ここで指摘の無いようにしっかりと施工しています。
そしていよいよべた基礎(耐圧)打設となります。

気泡ぬき

ここで重要なのが、バイブレーターを使用しての
コンクリート内の気泡を抜いていく作業です。

打設後には内部枠を設置し、
数日の養生期間を経て立上り打設施工です。
この時も気泡抜きを行います。

この基礎の上に建物を施工していくので、
水平に保ちたいところです。
そこで基礎天端仕上げとしてレベラー材(モルタル)を流し込みます。
基礎工事は生ものを扱っていると言っても過言ではありません。
工事の進み具合を段取りよく進めていかないと、

もたついて固まってしまいますから、時間との勝負です。

勿論雨の最中にコンクリート打設は施工しないので、
気温や天候も考慮してと言う事になります。

ディア―コーポレーションでは、
建物を建てるだけでなく、建築全般としてあらゆる角度から知恵や工夫で、

お客様の何とかしてほしい、
中々伝えづらいイメージを何とかしてくれたという思いに応える。
そうして地域の皆様に選ばれて四半世紀。

一貫システムとして基礎工事から着手する工務店はそうはないと思います。

大工工務店のイメージって、住宅の一部を施工すると思われがちですが、
昨今法規も十分に把握しておくべき事項なのです。
お施主様や、元請業者にもアドバイスできるくらいでないと
大工業は務まらない時代とも言えます。

今後も地域ナンバーワンの「大工職人の工務店」として、
お客様の家づくりに携わっていきたいと考えています。
お客様を守ってきた、大切なお住まいを将来的には
一昔のお抱え大工的な工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

ハウス工房(ディアーコーポレーション)は、
お客様に安心して頂く意味でも、

建設業の許可を持っている工務店でもあります。

また、リフォームに関する無料の資料をご用意していますので、
ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、気兼ねなくご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております

アパートの大家さんに選択肢

神奈川県大和市を中心に大工仕事をメインとしている
ハウス工房(ディア―コーポレーション)です。

工務店と聞くとどんなイメージがわきますか?

構造材1

ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
リフォーム専門店とうたっていますが、
例えば餃子の王将だからと言って餃子だけではないですし、

朝専用缶コーヒーでも
朝だけ飲むわけではありませんよね。

それと全く同じではないですが、
イメージ的には同じようなもので、
実はリフォームだけではありません。
現在進行中の戸建てのリノベーション、
店舗兼賃貸アパートの新築、

そして来月中旬には店舗改修が控えています。

それぞれに大工の知識や経験が必要とされる物件ばかりです。
とかく家づくりというと、
大手のハウスメーカーで建てても、

建築の現場で実際にたたいているのは、
小さな工務店や地元の工務店だったりして、

技術的な面から考えれば、
「工務店で建てるのも同じですよ~」
という営業トークを聞いたことがあります。
そうは言っても、工務店のイメージって・・・。

寡黙でコツコツ、近寄りがたいし話しかけづらい、
怖い、打ち合わせがまともにできるの?

そうですよね、
中には一昔、二昔前に習ったやり方を
貫いている工務店も多かれ少なかれ、あることでしょう。

それでよくわからない工務店に頼むくらいなら、
アパートで賃貸だから普通で十分だし、
実績も多くある大手に任せておく方が
無難で安心しますよね。
それは集合住宅に限らず、

きっと新築一戸建てでも同じでしょう。
ただアパート経営を考えて大手に足を運んだとしても、

すべて建築できるかと言えば、
それなりの入居者数や家賃収入が見込めないと、
お断りされるかもしれません。

せっかく夢見た家づくり、アパート経営を諦める前に、
ハウス工房(ディア―コーポレーション)に是非お声かけください。

そこでお客様のこだわり要素や希望、
それに見合った敵材料を使用して、
他物件と差別化を図る提案はできると思います。
そんな中ハウス工房(ディア―コーポレーション)に
依頼してくださいました、アパートの大家さんです。

このアパート建築では、レッカー車が入れない癖のある現場でした。
「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」という、

斎藤一人さんの言葉が好きで、
この時は社員大工一丸となって、
人力、手起こし作業の大工建前となりました。

最後にお伝えしたいことは
大手ハウスメーカーに限らず、

地域密着の工務店そして小さな工務店の
どこに建築、家造りを依頼するにしても、
欠かせないことは、資金計画です。
このファイナンシャルプランを行わずして
家作りをしてしまうと、どこかにしわ寄せが来ます。

つまりあれこれ、なんでも希望・要望を
盛り込んでしまうと、最終的には予算を削るような、

残念な家づくりを招くとも限りません。

おおよその統計では、
毎年一万人が住宅ローンで破産していると云う
データがあります。

そのように家つくりで失敗しない為にも、
ファイナンシャルプランをしておくことが大変重要です。

借りられる額より、返せる額。これが第一歩です。

ハウス工房(ディア―コーポレーション)では、
そうしたファイナンシャルプランから将来的に建てた後も、
メンテナンスや新たな物件をどこの業者、
建築会社に頼んでいいかわからないという、
建築や家づくりに対する不安は解消されると思います。

完成間近1

将来的には昔のお抱え大工的の工務店として
任せていただけるなら全力でお役にたちます。

お客様に喜ばれる家づくりが何よりです。
ハウス工房(ディアーコーポレーション)では、
家づくりに関する無料の資料をご用意しています。

ご希望の方はご請求ください。
なお、事務所での常駐は不定期なので、
ご訪問希望の際は、お気軽にご一報ください。
それでは、お問い合わせ心よりお待ちしております。